フィギュアスケートの魅力まとめ

羽生結弦をはじめ宇野昌磨や紀平梨花など、日本人選手を全力で応援しています。
フィギュアスケートの写真や動画、最新情報をまとめました。

    カテゴリ:日本男子 > 宇野昌磨

    今の練習から考えると、これ以上は望めない。まだスタート地点にも立てていない!

    <関連する記事>

    調整遅れなんの!宇野が逆転V「まだスタート地点にも立てていない」/フィギュア
    …(12日、フィンランド・エスポー)男子ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=がフリー1位の162・95点をマークし、合計25…
    (出典:スポーツ総合(サンケイスポーツ))

    <関連する画像>


    (出典 i.ytimg.com)

    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)

    (出典 blogimg.goo.ne.jp)
                       

    <関連する動画>

    Men Victory Ceremony Finlandia Trophy 2019

    (出典 Youtube)

    宇野昌磨

    (出典 Youtube)



    去年は辛い試合が多かった。終わったあとにうれしかったという機会も少なかったし楽しかった試合もなかった。世界選手権があって、国別対抗があって、それも踏まえてシーズンオフのアイスショーがあって...。

    <関連する記事>

              2019y10m14d_010605099
    宇野昌磨が「楽しむ」と記した理由。言葉に感じたスケートへの真摯さ。
    …6日、他のスケーターたちとともに記者会見に登壇したフィギュアスケートの宇野昌磨は、今シーズンのテーマをボードに、端的に記した。 「楽しむ」をテーマにす…
    (出典:スポーツ総合(Number Web))

    <関連する画像>


    (出典 www.news-postseven.com)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    最終滑走の山本にミスが続き、逆転優勝した宇野昌磨の表情に満足感はなかった。難度を抑えた演技構成で臨んだにもかかわらず...全然跳べていない。

    <関連する記事>

              2019y10m13d_183222220
    満足感ないV=宇野、反省ばかり-フィンランディア杯フィギュア
    最終滑走の山本にミスが続き、逆転優勝した宇野の表情に満足感はなかった。難度を抑えた演技構成で臨んだにもかかわらず、中盤の4回転トーループは転倒。後半の連続ジャンプでも回転が抜け、「調整が間に合わなか…
    (出典:スポーツ総合(時事通信))

    <関連する画像>


    (出典 number.ismcdn.jp)

    (出典 www.nikkansports.com)

    <関連する動画>

    Shoma Uno (宇野 昌磨) SP - Finlandia Trophy 2019

    (出典 Youtube)
                       



    男子SPが行われ、宇野昌磨は92・28点をマークした。山本草太がSP92.81点で首位発進!

    <関連する記事>

              2019y10m12d_015942637
    宇野昌磨、今季初SPは92・28点 フィンランディア杯
    …ー) 男子ショートプログラム(SP)が行われ、18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=は92・28点をマークした。 宇野のショートプロ…
    (出典:スポーツ総合(スポーツ報知))

    <関連する画像>


    (出典 dot.asahi.com)

    (出典 portal.st-img.jp)




    世界王者への道を模索! 2018年の平昌五輪2位、昨シーズンはGPFで2年連続の2位、全日本選手権3連覇、世界選手権は...。

    <関連する記事>

              2019y10m10d_035503166
    宇野昌磨はコーチ不在でも孤独じゃない。 リンクの熱気を力に変える
    …『ジャパンオープン2019』の前日、公式練習だった。宇野昌磨(21歳、トヨタ自動車)は6人のスケーターの中で、おそらく誰よりも転倒していた。しかし失敗…
    (出典:スポーツ総合(webスポルティーバ))

    <関連する画像>


    (出典 cyclestyle.net)

    (出典 amd.c.yimg.jp)




    このページのトップヘ