フィギュアスケートの魅力まとめ

羽生結弦をはじめ宇野昌磨や紀平梨花など、日本人選手を全力で応援しています。
フィギュアスケートの写真や動画、最新情報をまとめました。

    カテゴリ:アイスダンス > 小松原 美里 / ティム ・ コレト

    小松原美里が日本チームの主将を務める。今大会のテーマを「レッツゴー」と掲げ、チームで「声を掛け合っていきたい」と話した。 応援しています。ガンバレ!! 美里さんキレイだな。。。

    <関連する記事>

              2019y04m10d_233306984
    主将の小松原が“かぶり物”用意 11日からフィギュア国別対抗戦
    …連覇の羽生結弦(ANA)は右足首の治療のため欠場する。 アイスダンスの小松原美里(倉敷FSC)ティム・コレト(米国)組の小松原は、今大会で日本チームの…
    (出典:スポーツ総合(デイリースポーツ))

    <関連する画像>


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    (出典 pbs.twimg.com)

    <ツイッターの反応>

    マパリコ
    @mapalik_lako

    ⛸️ 国別対抗戦2019 🇯🇵 / アイスダンスRD滑走順&演技時間 (予定)第1グループ 15:15~1 🇯🇵 小松原美里 / ティム・コレト15:22~2 🇨🇦 ケイトリン・ウィーバー / アンドリュー・ポジェ… https://t.co/kVXGJZFmVW

    2019-04-10 13:51:09

    (出典 @mapalik_lako)

    kuscou
    @narinari3monki1

    今回のチームJapanの盛り上げ隊長は、やっぱり頼りになる美里さん😆主将の小松原が“かぶり物”用意 11日からフィギュア国別対抗戦(デイリースポーツ) https://t.co/gnI8dbdMy4

    2019-04-10 09:08:53

    (出典 @narinari3monki1)


    小松原美里&ティム・コレト組 自分の国籍を捨てて、日本の国籍を取得する!!

    <関連する記事>

              2019y04m10d_224409357
    国籍を変える覚悟も…日米カップルが目指す“五輪の夢”は 「アイデンティティより大事」
    …とになる。その日本代表に初めて選ばれたのが、アイスダンスの、小松原美里&ティム・コレト組だ。カップル結成から、わずか3年足らずで全日本選手権で優勝を果…
    (出典:スポーツ総合(テレ朝POST))

    <関連する画像>


    (出典 img.news.goo.ne.jp)

    (出典 pbs.twimg.com)

    <ツイッターの反応>

    リリンMk-Ⅱ
    @Mk66261409

    何度でも見たい四大陸2019エキシ。小松原美里/ティム・コレト組の音響アクシデントは何回見ても笑う。違う曲が流れ始める→アダム・リッポン「歌います?あの時〜♪」司会「歌わなくていいです」→ティム・コレトが観客にウェーブ要求→… https://t.co/5w1s4Rwn1a

    2019-04-10 03:54:50

    (出典 @Mk66261409)


    小松原美里、ティム・コレト組9位 おめでとうございます。

    <関連する記事>

              2019y02m12d_030330310
    “夫婦ペア”小松原美里、ティム・コレト組は9位「フルパワーを出そうと」
    …米国カリフォルニア州アナハイム)のアイスダンス・フリーが10日にあり、小松原美里(26=倉敷FSC)・ティム・コレト(27=米国)組はフリー9位の合計…
    (出典:スポーツ総合(スポニチアネックス))

    <関連する画像>


    (出典 www.fujitv.co.jp)

    (出典 pbs.twimg.com)

    <ツイッターの反応>

    ふるや
    @dakaraguchi12

    去年の全日本のMOIで観て以来、小松原美里さんとティム・コレトさんのEXがめっちゃ好きで何度も繰り返し観ては「素敵...」って呟いている。『うっとり』するとはまさにこのことだなあ。

    2019-02-11 17:52:29

    (出典 @dakaraguchi12)

    092
    @mailno092

    小松原美里さんって凄く綺麗なかたですね北京出られると良いな

    2019-02-11 12:36:59

    (出典 @mailno092)


    このページのトップヘ